toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > ガジュマル
 

スパティフィラムの育て方

​サトイモ科スパティフィラム属
学名:Spathiphyllum
​原産地:熱帯アメリカ

つやのある濃い緑の葉に白い花が

上品で美しいサトイモ科の植物。

 

花のように見える部分は、

「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれる

葉が変化したもので、長く楽しむことができます。

高さ25~50cm位の中型種が一般的ですが、

高さ15cmほどの小型種から150cmにもなる

大型種、白い斑入り模様が入るものなどの

品種も出回っています。

耐陰性があり、室内で育てやすく、

観葉植物の中で花が楽しめる種類なので

ギフトにも人気です。

【置き場所】

薄いカーテン越しなどの

明るい場所が適します。

比較的耐陰性がありますが

光が足りないと花付きが悪くなります。

夏の強い日差しの時期は直射日光にあてると

葉が黄色くなったり葉焼けをおこすので

注意しましょう。

 

耐寒温度は5℃。

エアコンの風が直接当たる場所は

避けてください。

【水やり】

5~9月の生育期間は

よく水を吸収する時期なので

土の表面が乾き始めたら

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底に溜まった水は捨ててください

気温が下がってくる秋からは水やりの

回数を徐々に減らして、生育期より

土を乾かし気味にしましょう。

【葉水】

熱帯地域原産で空気中の湿度が高い環境を好みます。

空気が乾燥する時期は霧吹きで

葉やその周りに潤いを与えてください。

【スパティフィラムの花】

苞の中の細い部分(肉穗花序

に小さな目立たない花をたくさんつけます。

白い苞が緑色に変わってきたら花が終わってきた合図。

茎の根元からカットしてください。

 

咲かせるためのポイント

①日当たり・温度

耐陰性がありますが花をつけるためには

適度な光量が必要です。

レースのカーテン越しや午前中だけ日が射す場所、

木漏れ日が当たるくらいの明るい日陰など。

温度はなるべく18℃以上を保つようにすると

開花しやすくなります。

②リンが多め(窒素が少なめ)の肥料

5~9月の生育期間に肥料を与えましょう。

この肥料が“観葉植物用”だと葉をよく茂らせるための

窒素(N)分の配合が多いものがあり、これだと

葉っぱばかりで花付きが悪くなることがあるため、

開花を促進する成分のリン(P)の配合が高い

“草花用”の肥料を使うのがよいです。

(植物の生育に必要な3要素、

窒素(N):リン(P):カリウム(K)の成分配合が

均等のもの、もしくはリンの割合が高いもの

8:8:8や8:10:8など肥料の成分説明のところに

表示されています)

③根詰まりにご注意

順調に育つと生育旺盛なため1~2年ほどで

根が鉢の中でいっぱいになり、水や肥料を

与えても吸収できなくなってしまいます。

植え替えや株分けを行いましょう。

適時期は5~9月。

花を楽しむためには春がベストです。

細かく株分けして小さくしてしまうと

​生長するまで花が付きにくくなります。