toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > ガジュマル
 

アンスリウム・クラリネルビウムの育て方

​サトイモ科ベニウチワ属
学名:AnthuriumClarinervium
​原産地:メキシコ

熱帯アメリカに多く分布するサトイモ科の

植物、アンスリウム。

 

赤やピンクのハート型の花をつける

華やかなイメージがありますが

クラリネルビウムの花(仏炎苞)は地味め。

花を楽しむのではなく、葉を鑑賞する品種です。

厚みのある深いグリーンにくっきりとした

白い葉脈のコントラストが美しい、個性的で

インテリア性の高いクラリネルビウムは

まだ流通量も少なめですが、とても魅力的な

アンスリウムです。

【置き場所】

薄いカーテン越しや光の入る窓近くなど

明るい場所が適します。

耐陰性がありますが、ビロードのような質感の

深いグリーンの発色を美しく出すためには

日当たりがあった方がよいです。

ただし強い日差しの時期は直射日光にあてると

葉焼けをおこしますので、避けるように

してください。

 

耐寒温度は10℃ですが

寒さには弱いので15℃以上保つようにすると

よいです。

特に冬は日中は窓際であたたかい日にあてても

夜~明け方は冷え込むため、厚いカーテンや

部屋の中央に移動するなど保温するように

してください。

【水やり】

春~秋の生育期間は

植え込み材の表面がすべて乾いたら、

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底にたまった水は捨ててください

気温の低い冬は表面が乾いても

すぐにはやらず、数日待ってから

日中のあたたかい時間帯に

室温くらいにした水を与えると

よいです。

【葉水】

空気中の湿度が高い環境を好みますので

空気が乾燥する時期は霧吹きで

葉やその周りに潤いを与えてください。

ただし冬は暖房を切った後に水分が

残って冷えてしまわないよう

​ご注意ください。