toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > ガジュマル
 

アンスリウムの育て方

​サトイモ科ベニウチワ属
学名:Anthurium
​原産地:熱帯アメリカ、西インド諸島

熱帯アメリカに多く分布するサトイモ科の

植物。

 

あざやかな赤いハート型の花のイメージが

ありますが、​花のように見える部分は

苞(ほう)と呼ばれる葉が変化したもの。

赤だけでなく、白やピンク、グリーンなど

色や形、大きさもさまざまな種類があります。

最近では華やかな花をつけるものだけでなく、​

花は地味でもビロード状の光沢や

葉脈がでこぼこした質感のものなど

葉が個性的な種類のアンスリウムも人気です。

 

華やかで花持ちのよいアンスリウムは

ギフトにもよく利用されていますが

その色のヴァリエーションからバラの花のように

色別に花言葉があるので、調べてみるのも

楽しいかもしれません​

【置き場所】

薄いカーテン越しなど間接光の

明るい場所が適します。

強い直射日光は厳禁ですが、

光が足りないと花付きが悪くなります。

 

耐寒温度は10℃ですが

寒さには弱いので15℃以上保つようにすると

よいです。

特に冬は日中は窓際であたたかい日にあてても

夜~明け方は冷え込むため、厚いカーテンや

部屋の中央に移動するなど保温するように

してください。

【水やり】

春~秋の生育期間は

植え込み材の表面がすべて乾いたら、

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底にたまった水は捨ててください

気温の低い冬は表面が乾いても

すぐにはやらず、数日待ってから

日中のあたたかい時間帯に

室温くらいにした水を与えると

よいです。

【葉水】

空気中の湿度が高い環境を好みますので

空気が乾燥する時期は霧吹きで

葉やその周りに潤いを与えてください。

ただし冬は暖房を切った後に水分が

残って冷えてしまわないよう

​ご注意ください。

【アンスリウムの花】

苞の中のしっぽのような細い部分(肉穗花序

に小さな目立たない花をたくさんつけます。

ここが熟すと種ができ、株の体力が落ちて

しまうので、種を付ける前に茎の根元から

カットします。

花が終わってくると苞の色がだんだん

暗っぽい色になったり緑味を帯びてきますので、

それを目安にカットしてください。

 

苞は鑑賞期間が長く、品種によりますが

1ヶ月以上その色を​楽しめます。

 

開花期間は日本では5~10月ですが、

18℃以上を保つことができれば

冬でも花を咲かせます。