toppage_edited.jpg

◾️モンステラの育て方

​サトイモ科
学名 Monstera
​原産 熱帯アメリカ
 

深い切れこみが入った大きな葉が

アートやキルトなどのデザインでも

おなじみのモンステラ。

 

耐陰性があり、乾燥にも強く

とても丈夫で育てやすいので

インテリアグリーンとしておすすめです。

【置き場所】

直射日光を避けた明るい場所。

 

耐陰性がありますが

明るい場所においていただくと間のびせずに

しっかりとした株に育ちます。

耐寒温度は約5℃。

 

【水やり】

乾燥に強いので春~秋の生育期間は

土の表面全体が乾いたら

たっぷり鉢底から出るくらい与えます。

底から出た水を溜めたままにすると

根腐れの原因になりますので、

捨てるようにしましょう。

 

冬は生育が鈍くなりますので

鉢土全体がしっかり乾いてから

与えるようにします。

空気中の湿度が高いのを好みますので、

乾燥する時期はときどき葉や茎に

霧吹きなどで潤いを与えましょう。

 

【葉の形と気根】

成長して葉が増えていくにつれ

モンステラの魅力である

ハート型の葉に穴や深い切りこみが

入ったものが出てきます。

これは大きな葉が強風やスコールを

受けたときにその力を逃がすためと

いわれています。

茎の途中から気根と呼ばれる太い根を

伸ばしてきますが、これは

主に空気中の水分を吸収するためで、

土まで伸びるとそのからだを支える

役目もします。

気になるようなら付け根から切ってしまっても

大丈夫ですが、大きくなったものは

支えにもなり、その姿もモンステラの

特徴ですのでできればあまり切らないことを

おすすめします。