toppage_edited.jpg

◾️コーヒーノキの育て方

トップ植物図鑑 > コーヒーノキ
 
​アカネ
学名:Caffea
原産地:​熱帯アフリカ、マダガスカル
 

濃いグリーンのつややかな葉が

美しい人気の観葉植物です。

若い苗のうちは日当たりがあまり

ない場所でも育てられるので

室内の棚やテーブルにちょこんと置いて

お楽しみいただけます。

花言葉は「一緒に休みましょう」

​​

【置き場所】

室内の明るい場所。

小さな苗のうちは耐陰性もありますが

本来は日当たりを好みます。

ただし葉焼けをおこしやすいので

夏の強い直射日光は避けましょう。

耐寒温度は約10℃。

木が小さいうちは

15℃以上保てるようにすると安心です。

【水やり】

土の表面がすべて乾いたら、

鉢底から水がでるまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底にたまった水は捨ててください。

寒い時期は生育が鈍りますので

土が乾いてもすぐにはやらず、

2~3日待ってから与えるようにします。

 

ホコリ避けや害虫予防にもなるため

ときどき葉にも霧吹きをするとより良いです。

【ポイント】

葉がしげりすぎた場合は透かすように剪定を。

下の葉にもまんべんなく光があたり

風通しも良くなるので、

木が健康に育ちやすくなります。

1m以上の高さの充実した木になると

初夏に香りのよい白い花を咲かせることも。

その後になる実から種を採って

乾燥・焙煎したものがコーヒー豆となります。

寒い冬があったり、

室内のあまり日が当たらない場所だと

なかなか難しいですが、

​挑戦してみるのも楽しいですよ。