toppage_edited.jpg

トップ植物図鑑 > アイビー(へデラ)

◾️アイビー(ヘデラ)の育て方

​ウコギ科キヅタ属
学名:Hedera
​原産地:ヨーロッパ、北アフリカなど

英名「アイビー」、

和名は「西洋キヅタ」と呼ばれ

昔から親しまれてきた

丈夫で育てやすい

つる性の常緑植物。

世界で500種、日本でも100種類以上、

突然変異を起こしやすいので

たくさんの園芸品種があります。

葉の色や形、

バリエーション豊富なところが魅力的!

耐寒性、耐陰性もあるので

室内はもちろん

お庭やベランダなど

さまざまな場所で育てられるのも

おすすめポイントです。

​花言葉「永遠の愛」「友情」

【置き場所】

室内の明るい場所に。

 

屋外の場合は

強い直射日光を避けた明るい半日陰。

 

斑入りのものは光が不足すると

葉の色がきれいに発色しなくなるため、

緑葉のものより明るい場所に置くと

よいです。

夏の高温多湿は少し苦手なので

風通しがよい場所で育てるようにします。

 

エアコンの風が直接あたる所は

避けるようにしましょう。

寒さには強く、

耐寒温度は0~3℃。

​(品種により多少差があります)

【水やり】

土の表面がすべて乾いたら、

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底に溜まった水は捨ててください。

 

根や土の過湿には

気をつけるようにしますが、

葉水はこまめに与えるようにしましょう。

葉の裏にも霧吹きなどで水分を与えることで

ハダニなどの害虫予防にもなります。

【ポイント】

生育旺盛なので、つるが長く伸びすぎて

バランスが悪くなった株は

剪定するようにしましょう。

 

鉢の縁から少し出るくらいの位置で

茎を切り戻すと、そこから脇芽が伸びて

ボリュームのある形に整えることができます。

 

切った茎は水や土に挿して

​飾ったり育てたりして楽しめますよ。