toppage_edited.jpg

トップ植物図鑑 > シュガーバイン 

◾️シュガーバインの育て方

​ブドウ科
学名:Parthenocissus 'Sugarvine'
​原産地:園芸品種(オランダ)

やわらかく伸びる細く華奢な茎に

花びらのような形の5枚葉がつらなる

かわいらしい人気の観葉植物。

日本にも自生しているナツヅタの仲間を

親として改良された園芸品種です。

つる性で枝分かれしながら

伸びていくので

ハンギングや棚の上に置いて垂れ下げる

ようにして楽しむことができます。

耐陰性もあるので

お部屋で育てやすいのも

おすすめポイント。

​名前の‘シュガーバイン’とは

葉の付け根に甘い半透明の粒がつく性質に

由来しているそうです。

​花ことばは「すこやか」

【置き場所】

1年を通して

室内のレースのカーテン越しなど

明るい日陰。

強い直射日光は当てないようにします。

耐寒温度は約5℃。

【水やり】

春~秋は土の表面が乾いたら

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底に溜まった水は捨ててください。

冬は生育がゆっくりになるため、

土全体がしっかり乾いてから

与えるようにします。

 

【ポイント】

つるが伸びすぎて

全体のバランスが悪くなったら

切り戻しをしましょう。

つるを鉢の縁から少し出るくらいの位置で

切ります。

脇芽が出やすくなり

こんもりボリュームのある形に

整えることができます。