toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > フィットニア
 

◾️フィットニアの育て方

​キツネノマゴ科
学名:Fittonia albivenis
​原産地:南アメリカ、アンデス地域

葉の色とくっきりとした葉脈のコントラスト

が美しい観葉植物。

 

その網目模様の葉から

日本名は「アミメグサ」。

耐陰性があり、

葉を刈り込んで

コンパクトに仕立てられるので

室内でミニ観葉として

楽しむことができます。

【置き場所】

室内では薄いカーテン越しなど

明るめの日陰に。

強い直射日光は苦手なので

あてないようにします。

寒さにはやや弱く

耐寒温度は10℃くらい。

【水やり】

土の表面が乾いたら、

鉢底から水がでるまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底にたまった水は捨ててください。

気温が低い冬は生育がゆっくりになるため

土の過湿に気をつけて

しっかり乾いてから水やりします。

空気中の湿度が高い環境を好みます。

乾燥する時期は葉にも霧吹きなどで

潤いを与えるようにしましょう。

【ポイント】

春~夏は生育が旺盛で

よく伸び、こんもりと育っていきます。

葉が密集して風通しが悪くなると

中が蒸れて葉が枯れたり生育が悪く

なります。

込み入った葉や茎を透かすように間引いて

カット、形を整えるにしましょう。