toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > ノリナ(トックリラン)

◾️ノリナ(トックリラン)の育て方

​リュウゼツラン科トックリラン属
学名:Nolina recuvata
​原産地:メキシコ~米テキサス州など

名前の通りトックリのようにふくらんだ

幹の株元と、かたく細い葉が頭頂部から

長く伸びる形が個性的な植物。

その樹形から和名は「徳利ラン」、

英名では葉の伸び方から「ポニーテール」と

呼ばれています。

 

乾燥や寒さにも強く丈夫。

生長のスピートもゆっくりなので

室内で育てやすいインテリア性の高い

​観葉植物です。

【置き場所】

日当たりのよい風通しのよい場所。

ある程度の耐陰性もありますが、

室内ではなるべく光の入る場所に置くと

葉色のよいしっかりとした株に育ちます

 

耐寒温度は約3℃。

【水やり】

太い幹に水を貯めておけるので、

乾燥に強い植物です。

 

土の表面がすべて乾いたら、

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えるのが基本ですが

環境や季節によって与え方は変わります。

5~9月の生育期は光量が十分にある場合は

土の表面が乾いたら水やりします。

鉢底にたまった水はためたままにせず、

捨てるようにしてください。

あまり明るさがない場所や

秋冬の気温が低くなる時期は

生長がさらにゆっくりになるため、

水の与えすぎは根腐れの原因になります。

【葉水】

乾燥に強い木ですが、細い葉は

先端が乾燥しがちで茶色くなることがあります。

空気が乾燥する時期は土の水やりとは別に

霧吹きで葉や周りに潤いを与えるように

​するとよいです。