toppage_edited.jpg

◾️サンスベリアの育て方

トップ植物図鑑 > サンスベリア
 
​リュウゼツラン科(キジカクシ科)​
学名 Sansevieria
​原産 アフリカ、南アジアの乾燥地帯 

 多肉質のスタイリッシュな容姿を持ち

乾燥に強く育てやすい植物。

手間をかけずに育てることができるので、

初心者の方や忙しい方にもおすすめです。

室内の有害物質除去や

マイナスイオン放出量の多さも有名です

「虎の尾(トラノオ)」や

「千歳欄(チトセラン)」

の和名で古くから親しまれている植物ですが

数多くの個性的な品種があるのも魅力的。​

花言葉は「永久」「不滅」 

【置き場所】

室内の明るい場所。

観葉植物の中でも

比較的 耐陰性が強いです。

明るい場所においていただくと間のびせずに

綺麗な株に育ちます。

ただし真夏の強い直射日光は避けましょう。

夏や梅雨時などの湿度の高い時期は

​蒸れで弱ることがあるので

​風通しの良い場所がおすすめです。

耐寒温度は10℃。

ただし断水して休眠状態にすれば

0℃位まで耐えられます。

【水やり】

乾燥に強く、春~秋は鉢土全体が乾いたら

たっぷり鉢底から出るくらい与えます。

底から出た水を溜めたままにすると

根腐れの原因になりますので、

捨てるようにしましょう。

 

冬は原則水を与えません。

断水して休眠状態にして越冬させます。

(常に10℃以上保てる場所でしたら

冬も月に1〜2回水やりします)

【ポイント】

サンスベリアの失敗原因で一番多いのは

水を頻繁に与えすぎること。

水やりしたくなる気持ちを

我慢して、

でも与えるときはたっぷりと。