toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > ガジュマル
 

◾️ソフォラの育て方

​マメ科クララ(ソフォラ)属
学名:sophora
​原産地:ニュージーランド、チリ

ニュージーランド原産の

マメ科の常緑樹。

 

ジグザグした細く華奢な枝に

小さな丸い葉がつらなるユニークで可愛い姿が

人気の観葉植物です。

育て方は乾燥に弱く、でも過湿も苦手という

やや気難しいところがありますが

置き場所と水やりに気をつけるようにすると

元気に育ち花が咲くことも。

​一般的に出回っているソフォラは2種類。

ソフォラ・プロストラータ“リトルベイビー”と

ソフォラ・ミクロフィラ。

 

両者の違いは

分布する地域が若干異なっているのと、

春~初夏に咲く花の色と形が少し異なること。

ジグザグの樹形やゆっくり生長する性質、

育て方にはほとんど違いはありません。

​置き場所やせん定の仕方などで

盆栽のように仕立てることもでき、

育てる楽しみもある植物です

【置き場所】

ソフォラは明るさを好む植物です。

室内のなるべく明るく風通しの良い場所で育てます。

暗いと葉落ちしたり、枝がひ弱に間延びします。

慣らせば冬以外は屋外でも育てられます。

 

耐寒温度は3℃。

寒さには強い方ですが小さい苗のうちはまだ

弱いので10℃以上保つようにしましょう。

葉の乾燥には弱いのでエアコンの風は

あてないようにしてください。

【水やり】

水切れに弱いので土の表面が乾いてきたら、

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

水切れには弱い反面、土の過湿は苦手です。

水やりの時、底にたまった水は捨てるようにして

土が湿っている状態では水やりしないように

しましょう。

*通気性・水はけが良く、乾くと色が変わって

水やりのタイミングがわかりやすいボタニカルソイル

は植え込み材におすすめです。

気温の低い冬は生長がゆっくりになって

水をあまり吸わなくなるため、水やりの

間隔をあけるようにして

土の表面がすべて乾いてからたっぷり

与えるようにしてください。

【葉水】

小さな葉は乾きやすいため

葉の表や裏、葉の周りに霧吹きで水分を与えるように

してください。

乾燥すると発生しがちなハダニの予防にも

なります。