toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > ストレリチア
 

◾️ストレリチアの育て方

​ゴクラクチョウカ科ストレリチア属
学名:Strelizia
​原産地:南アフリカ

すっきりとした茎のラインがかっこいい

南国の雰囲気たっぷりの植物。

原産地は南アフリカ。

​ストレリチアの仲間は世界に10種位存在し

日本ではそのうち4~5種類ほどが出回っています。

 

どれも個性的でスタイリッシュな

魅力があります。

ストレリチアの花言葉は「輝かしい未来」。

​その花言葉と丈夫な性質から、お祝いの

贈り物としても使われています

〈ストレリチア・レギネ〉

「極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)」と

呼ばれる切花としても知られている品種。

カラフルで個性的な花を咲かせます。

高さ1~2m。

乾燥に強く、耐陰性もありますがなるべく

明るい場所で育てます。

光が足りないと花付きが悪くなりますが、

​観葉植物として楽しむことができます。

​〈ストレリチア・ニコライ(オーガスタ)〉

「オーガスタ」という名で知られる

大きな葉が特徴の品種。

長く育てると高さは2m以上

原産地では10mにもなる

大型でボリュームたっぷりの品種です。

 

耐陰性、耐乾性があり丈夫。

花はレギネとは異なり白色です。

※ニコライの花を一般家庭で咲かせるのは難しいです。

〈ストレリチア・ユンケア(ノンリーフ)〉

レギネの変種でレギネのような花をつけますが

その姿はとっても個性的。

長い茎の先端にちいさな葉をつけるか、

完全に葉が無くなって棒状の茎だけが

伸びているように見えることから、

「ノンリーフ」とも呼ばれています。

生長はゆっくりめ。

あまり出回っていない種類ながら

そのスタイリッシュな形で人気の植物です。

【置き場所】

明るく風通しのよい場所。

ある程度の耐陰性もありますが、

本来は日当たりを好みます。

光が足りないと花付きが悪くなるため、

お花を咲かせたい場合は日当たりに

置くようにしましょう。

耐寒温度は0℃なので、関東以南では

屋外でも育てられます。

【水やり】

春~秋の生育期間は

土の表面がすべて乾いたら、

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底にたまった水は根腐れの原因に

なりますので捨てるようにしてください。

太い根の中にたくさん水分を蓄えているので、

水の与えすぎはNG。

 

特に気温の低い冬や

室内のあまり明るくない場所では

さらに乾きにくくなります。

土全体がしっかりと乾いてから

水やりをしてください。

土の表面が乾いてさらに数日待ってから

​与えるようにしましょう。