toppage_edited.jpg
トップ植物図鑑 > トラディスカンチア
 

◾️トラディスカンチアの育て方

​ツユクサ科ムラサキツユクサ属
学名:Tradescantia
​原産地:中南米など 

ツユクサ科の常緑多年草。

つるが長く伸びる葉の美しい種類が多く、

フルミネンシスはライム色のものや

白やラベンダーの斑入り、葉裏や茎が紫で

光があたるとグレイッシュグリーンの葉が

きらきら輝くペンデュラ(ゼブリナ)、

多肉質の葉で全体が白い軟毛に覆われている

シラモンタナ(白雪姫)など

ヴァリエーションが豊富です。

 

丈夫で生育旺盛、育てやすい植物です。

ほふく性で四方に広がって伸びて育つので

ハンギングや棚置きにして楽しむことができます。

【置き場所】

室内では日の入る明るい場所。

耐陰性もありますが、明るい方が

葉色がきれいに出てしっかりとした株に

育ちます。

屋外では明るい日陰。

急に強い直射光にあてると

葉焼けをおこします。

 

耐寒温度は5℃ほど。

​冬は室内に置くようにしましょう。

エアコンの風はあてないように

してください。

【水やり】

生育期間の春~秋は

土の表面がすべて乾いたら、

鉢底から水が出るまで

たっぷり水を与えてください。

鉢底にたまった水は捨ててください。

 

気温の低い冬は生長がゆっくりになります。

水やりする間隔をあけて、

土の表面が乾いてもすぐにやらず

2、3日待ってから、日中の暖かい時間に

与えるようにしましょう

土の過湿に気をつけて乾かし気味で

育てたほうが葉色が美しく出るようです。

ただし水切れを繰り返すと葉先が茶色く

なることがあるのでご注意ください。

【葉水】

葉や葉の周りに霧吹きで潤いを

与えます。

空気中の湿度が高い環境を好みますので

乾燥する時期はおこなうようにすると

生き生きと生長します。

葉の裏にも水分をかけることで

​ハダニなどの害虫予防にもなります。

【せん定】

生育が早く、葉や茎が込み合うと蒸れて

しまうので間引いて風通しをよくしましょう。

 

伸びすぎた茎は短くカットすると脇芽が

出てきて全体の形を整えることができます。

カットした茎は水や土に挿して

簡単に増やせます。